僕が5回以上読み返した、人間関係に悩んだ時に読みたい本

 こんにちは、ゆうです。


今回は、僕がこれまでに読んだ本の中で

役立ったものを紹介しようと思います。


僕の中で人生最大の名著とも言えるのが

「嫌われる勇気」という本です。


嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 


この本は、人間関係のストレスやしがらみを

かなり軽減するような考え方が学べます。


実際、僕はこの本を読んでから、

人間関係におけるストレスが減って

すごく日々が楽に生きられるようになりました。



僕が本を読んで一番、重要だと思ったのは

「全ての人に好かれるのは不可能」だということです。

これは、本のタイトルの嫌われる勇気というのにも

つながります。


誰にでも好かれようと生きるってのは

それは裏を返せば人に合わせた辛い生き方です。


自分がないともいえます。


昔の僕はとにかく、波風立てずに

良い子を演じていたようなきがします。

それゆえに、人のいうことにはいはいいうだけで

自分で考えるということをしてなかったように思います。


それゆえに、

生きづらさもあったり、何に対しても

無関心だったりしました。


しかし、人の目を気にせず

べつに好きなように、やりたいことやればいいや

と考えるようになってからはすごく

気持ちが楽になったんですね。


今回の、嫌われる勇気というのは、

自分らしく生きるための方法論、思考法というのを

教えてくれるものとなっています。


今の人間関係が疲れただったり、

人に合わせて疲弊しているといったかたには

精神を楽にするような知識が学べると思います。



僕はこの本を合計5周もしてしまうほど、

人生でもっとも引き込まれるような本でした。

話も青年と老人の対話となってるので本を読むのが

苦手なかたもすらすらと読めるかと思います。


おせじではなく、人生が変わった1冊だと思います。

興味があれば読んで見ることをおすすめします


本の詳細はこちら↓

嫌われる勇気 自己啓発の源流「アドラー」の教え 

コメント

このブログの人気の投稿

100人以上人を雇って1000記事以上外注した僕が教える外注化講座

行動スピードを100倍に高める思考法

外注化の知識を使ったら20~30分かかってた仕事が1秒で終わるようになった話